AX

よっぱ、酔っぱ。ただの酒飲みでよっぱなヲイラの戯言です。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幾松 (いくまつ IKUMATSU)No12

Category : 幾松 (いくまつ IKUMATSU)

先の記事で書いた一休.com幾松のページについて一休.com お客様ご相談窓口に質問してみた。

【ここから続き】

◆サイトに関する問い合わせ◆

質問日時:2005/10/10 19:36:58

質問者:naka

御社サイト内下記ページについて質問させて頂きます。

http://www.ikyu.com/datas/00000939x.htm

「幾松は築200年、旧長州藩控屋敷の佇まいを今に伝える料理旅館」

1.幾松は昭和32年に大阪で薬剤師をされていた創業者が京都に来られ、翌33年頃に開業された旅館です。開業以前の地権者は同じ町内に現存されています。「幾松は築200年」これは誤解を招く表記では無いでしょうか。

2.長州藩屋敷は歴史的に実証されていますが、控え屋敷が存在した事、また当該施設が控え屋敷跡であることはなんら証明すらされていません。もし記載されている通りであれば歴史的大発見になりますが、どんな歴史的事実を基に記載されているのでしょうか?

「登録有形文化財に指定されている「幾松の部屋」」

3.「幾松の部屋」と呼ばれている部屋が、いつ登録有形文化財に指定されたのでしょうか?

文化庁の正式見解として、「上木屋町幾松本館東棟、南棟の登録についてですが、この2件の建造物は、「幾松ゆかりの地」として評価して登録するのではなく、「鴨川河畔に位置する近代の建造物」として評価し、登録するものです。今回はたまたま、その建造物の現名称に「幾松」が含まれているというところでございます。」と発表されていますが、それ以降に登録されたのでしょうか?もし以降に登録された事実が無いのであれば、間違った内容で宣伝集客されている事になりますが、如何お考えですか?

以上3点についてご回答をお願いいたします。

尚幾松が提出された資料だけを基に制作されたページであっても、御社がそれにより対価を得ている以上は、記載内容についての責任があると考えております。宜しくお願い致します。



Re: [一休.com]サイトに関する問い合わせ

2005年10月11日 16:41

naka 様

平素より一休.comをご愛顧賜りまして、誠にありがとうございます。

また幾松についてのご指摘、誠にありがとうございました。

ご指摘いただきましたとおり、当サイトでは、幾松様より提出された資料だけを基に制作させていただいております。

今回頂戴致しました内容につきましては、施設側へ確認の上、追って改めてご連絡させていただきたいと存じますので、もうしばらくお待ち頂きますようお願い致します。

取り急ぎのご連絡にて失礼の段、ご容赦くださいませ。

よろしくお願い申し上げます。

株式会社 一休 【一休.com お客様ご相談窓口】



Re: [一休.com]サイトに関する問い合わせ

2005年10月12日 18:04

naka 様

ご連絡いただきました件につきまして、ご案内させていただきます。

幾松様に確認しましたところ、当サイトの施設情報ページのご紹介文についてですが、掲載情報に誤りはございません。

恐れ入りますが、ご意見がございます場合には、直接施設へご連絡いただきますよお願い致します。

何卒宜しくお願いいたします。

株式会社 一休 【一休.com お客様ご相談窓口】




ってな事でした。
まぁ予想通りと言うか…。

ウソの歴史で商売して、でっち上げの情報を提出している幾松に、
「この情報は真実ですか?」
って訊いて
「いや、ウソです。」
って答える訳無いでしょ。

結局は出された資料が全て真実だって前提で、何も調べずにそれで終了。無償のボランティアならそれでも良いだろうけど、何らかの対価を得ている営利企業であれば、発信している情報について責任ってものがあるだろうに。

一休.com に意見があるのに、それすらも理解していないのか逃げているのか…。
幾松に直接訊いたって 一休.com としての見解を出せるはずないやん。

コメント

コメントの投稿

  • 投稿前に必ずお読みください。「はじめに-コメント
  • スパムが激増しているためコメントは承認制にしております。
  • 承認までコメントは表示されません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoppa.blog2.fc2.com/tb.php/158-af43e7c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。