AX

よっぱ、酔っぱ。ただの酒飲みでよっぱなヲイラの戯言です。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO 法人京都龍馬会No3

Category : NPO 法人京都龍馬会

削除されまくりなんで記録として投稿内容をここに残します。

【ここから続き】

最初の投稿

はじめまして。

貴法人についてお尋ねしたい事があります。

--定款より引用--

第2章 目的及び事業

(目的)

第3条 この法人は、坂本龍馬を通して幕末に活躍した歴史上の人物・風土などを学び、自由闊達な精神を愛する人たちとの交流により、龍馬と幕末の歴史ゆかりの地のまちづくり、活性化の推進を図り、歴史的景観の保全と文化の振興に寄与することを目的とする。

--引用終り--

幾松、寺田屋について事実と異なる内容をイベント、会報、WEB で発信される事は、上記定款に反する事では無いでしょうか?

又、下記「特定非営利活動促進法」の「公益の増進に寄与することを目的とする。」この部分にも抵触する気がします。

--特定非営利活動促進法より引用--

第一章 総則

(目的)

第一条 この法律は、特定非営利活動を行う団体に法人格を付与すること等により、ボランティア活動をはじめとする市民が行う自由な社会貢献活動としての特定非営利活動の健全な発展を促進し、もって公益の増進に寄与することを目的とする。

--引用終り--

【幾松】

現「旅館幾松」は昭和32年に当該地を取得された創業者が開業した施設であり、それまでは現在近隣に住んでおられる方が所有されていました。事実、現存する当該地最古の住宅地図昭和31年版には、前所有者の屋号が記載されています。

又、長州藩控屋敷が存在した事すら、何ら証明できる文献はありませんし、木屋町通りに幾松が暮らしていた事実は文献により証明されていますが、場所の特定はされていません。

幾松について調べるほどに、「旅館幾松」の作られた歴史を理解する事ができます。

登録有形文化財認定についても、「上木屋町幾松本館東棟、南棟の登録についてですが、この2件の建造物は、「幾松ゆかりの地」として評価して登録するのではなく、「鴨川河畔に位置する近代の建造物」として評価し、登録するものです。今回はたまたま、その建造物の現名称に「幾松」が含まれているというところでございます。」と文化庁の見解が公表されています。

【寺田屋】

戊辰戦争(鳥羽伏見戦争)で全焼しており、現在の建物は当時をまねて西側に再建されたものです。刀傷も再建時に作られたものです。

上記内容を寺田屋に確認された研究家の方によると「全焼した中でたまたま、あの柱"だけ"が残っていた」なんて都合の良い話をされている様ですが、全焼したのですから残っていても、柱は炭でしかありません。

長文になりましたが、是非間違った歴史を発信される事について、貴法人の定款、並びに特定非営利活動促進法と照らし合わせて、どうお考えであるのかお教えください。



一切のコメント無しに削除されたので下記文章を冒頭に加えて投稿

何故削除ですか?

(これで削除は*度目です。)(注釈:3回目から追記。*部分は毎回数字を変更しました。)

貴法人定款、特定非営利活動促進法に基づき質問させて頂いたつもりですが、一言のコメントも無く削除されるのでしょうか?もし当方の認識不足であれば、そのようにご回答頂ければ良いことだと思います。ただ削除されるだけでは、質問する事がいけないのか、内容が不適切であるのか、それ以外の何らかの意味があるのかすら判断できません。

以下再掲させて頂きます。



結果7回削除され8回目の投稿に「寸心」さんからレスがつきました。

404.RE:何故削除ですか?

投稿者/寸心

投稿日/2005/12/01 01:35

初めまして、寸心と申します。先祖が寺田屋にゆかりがあるものです。

幾松、寺田屋についての発言は、小生もまったく同じ結論で、賛同いたします。



上記返信についてのヲイラの返信

405.RE:何故削除ですか?

投稿者/naka

投稿日/2005/12/01 02:04

寸心 様

返信ありがとうございます。

正しい歴史を伝えて行く事が一番必要だと日々感じています。個人レベルで間違った歴史を話すことは、ある意味仕方無いのかも知れませんが、社会的に一定の評価を受けている団体、企業が発信する場合、影響力は計り知れません。

又両施設は、それにより営利活動を行っている訳ですから、問題は深刻だと思っています。

その意味でこちらの法人様に質問させて頂いているのですが、一切のコメント無しに、ただ削除され続けています。全く何がいけないのかすら判断できませんので、ずっと投稿を繰り返しています。

拙ブログで幾松についてまとめています。

ご一読頂ければ、当方の想いも多少なりともご理解頂けると思います。

http://yoppa.blog2.fc2.com/blog-category-13.html



しかしこのスレッドさえ一言のコメントも無く削除されました。計8回目。

9回目の投稿前に「黒山」さんから経緯についての投稿がありました。

407.素朴な疑問

投稿者/黒山

投稿日/2005/12/01 12:44

はじめまして。

突然ですが、幾松・寺田屋に関する質問をされている方の書き込みを削除されるのはなぜでしょうか?定款第3条にある「自由闊達な精神を愛する人たちとの交流」を自ら拒絶されているのですか?

幾松については知識不足で何ともいえませんが、寺田屋に関しては鳥羽伏見の戦で全焼している説もある訳で、単純に削除されるのではなくキチンと「交流」されてはいかがでしょうか?特に別の方がフォローされている書き込みまで削除されたので、なんだか変に思いました。

そういえば、寺田屋に関する小中学生の研究レポートが霊山歴史館に飾ってありましたが、寺田屋の刀傷などを純粋に信じ込んで書いてありましたよ。もし全焼して後世の全く関係ない傷であったら、罪ですよね。

ちなみに寺田屋の全焼に関しては、京都龍馬会グッズコーナーにて販売されている『図説坂本龍馬』にも書かれてあります。

突然で不躾かとも思いましたが、書き込みさせていただいたことお許し下さい。



上記投稿への返信

410.RE:素朴な疑問

投稿者/naka

投稿日/2005/12/01 15:54

黒山さん 初めまして。

幾松については、拙ブログでカテゴリーを作り、紹介しています。個人的には寺田屋より大きな問題だと思います。



黒山さんの投稿と同じ頃、9回目の投稿。

408.管理人さん

投稿者/naka

投稿日/2005/12/01 12:50

削除の理由をお聞かせください。

寸心様からのコメントも投稿されていましたスレッドを削除されるのは、どんな理由があるのでしょうか?

「403.今年も有難うございました。」では寺田屋について同様の投稿が為されていますが、削除されていません。幾松についての投稿が削除理由なんでしょうか?


しかしこれも削除されました。計9回目。黒山さんの投稿は削除されませんでした。
っで、10回目の投稿。

409.管理人さん

投稿者/naka

投稿日/2005/12/01 15:00

当方の投稿は問答無用で全て削除なんでしょうか。

どんな理由があるのでしょうか?

何か運用規則に違反していますか?



現在(2005/12/02 01:35)削除されていませんが、スパム投稿は削除されていますので、管理人さんが板を確認されているのは事実です。

今度は一転して放置なのかな??

コメント

うーん!!

とことん 戦って欲しいなぁ!
どんな気持ちで 削除してるのか。。
「やばい。。」とおもってるのか。。。

とにかく がんばってたたかってください。

  • 2005/12/02(金) 09:46:13 |
  • URL |
  • nakomi #oslzmmPo
  • [ 編集 ]

応援おおきに

投稿の主旨をご理解頂きフォローしてくださる方もおられるので、がんばりますわ。
m(__)m

削除理由は、充分推測できます。書くとちょいとやばい部分もあるので書けないんですが…。
まっ、単純に言えば色々な方の利潤って部分です。歴史とは全く関係無い部分でしょうね。

当該板、今度は放置の様相でしゅ。

  • 2005/12/02(金) 11:23:34 |
  • URL |
  • naka #upkHALyQ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

  • 投稿前に必ずお読みください。「はじめに-コメント
  • スパムが激増しているためコメントは承認制にしております。
  • 承認までコメントは表示されません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoppa.blog2.fc2.com/tb.php/181-30ec2b63
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。