AX

よっぱ、酔っぱ。ただの酒飲みでよっぱなヲイラの戯言です。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO 法人京都龍馬会No5

Category : NPO 法人京都龍馬会

知り合いの方(仮にA さんとしておきます)から情報を頂いたので紹介します。
先の記事で書いていた「掲示板ご利用の「おやくそく」」についてです。

A さん「僕も、あの「おやくそく」には判然としません。
特に、
・私的に開設しているものです。
・歴史論争などはご遠慮下さい。
の2点です。」

として下記の情報を提供して頂きました。

【ここから続き】

NPO法人の監督官庁である内閣府がNPO のWEB SITE を公開しています。

# 普段からお世話になっているSITE なんですが、しっかり忘れていました。
^^;

その中に「NPO法の運用方針」についてというページがあり、

内閣府としては、「市民が行う自由な社会貢献活動としての特定非営利活動の健全な発展を促進」するため、NPO法の立法趣旨・理念に則した運用を明らかにすることとした。

との主旨に基づき運用方針が掲載されています。

「市民への説明要請」の実施

基本的な考え方

NPO法は、NPO法人について、「自らに関する情報をできるだけ公開することによって市民による信頼を得て、市民によって育てられるべきであるとの考えに立ち、広範な情報公開制度を設けることによって広く市民によるチェックの下におくこと」としている。ここでは、市民による緩やかな監督、あるいはそれに基づくNPO法人の自浄作用による改善、発展が期待されている。

このようなNPO法の理念に照らすと、NPO法人に関する情報は、できる限り広く市民相互に提供され、かつ、共有されることが望ましい。これにより、市民にとって、当該NPO法人について有益な活動が行われていると認め、これに積極的に参加するという機会や、何らかの疑問を抱き、これに説明や改善を求めるという機会が提供されることとなる。また、NPO法人にとっても広く市民からの支援を得たり、自身への疑問を払拭したりする契機が与えられる。このような市民社会の実現に向けて、行政としても、こうした市民による選択・監視機能が一層発揮されるための環境を整備していくことが重要である。



NPO 法の策定やその目的を考えれば、情報開示による市民参加の啓発も重要な事ですよね。とすれば、「掲示板ご利用の「おやくそく」」は運用方針に逆行している事になります。全く以ってA さんご指摘のとおりだと思います。

何故回答しないのか?あるいは出来ないのか?疑問でしかありません。
ヲイラの提示した情報が間違っているのであれば、そう指摘されれば良い事です。削除や条件を付けて非公開でしか回答しないって姿勢は、理解できません。

又、A さんは、「歴史論争などはご遠慮下さい。」について、こう書かれています。

「歴史論争については、龍馬会の定款の所です。」

第2章 目的及び事業

(事業)

第5条

この法人は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1) 特定非営利活動に係る事業

5 歴史学による生涯教育事業


「5にひっかかりますね。間違った歴史認識を生涯教育にされたのでは、たまったものじゃないですわ。また、「歴史学による」とはどのようなものかも分かりませんし、論争と言うか、正しい歴史認識への提示から逃げているようにも身受けられます。歴史学を事業に加えているなら、そうした指摘も受ける寛容性が必要だと思います。それが嫌なら、会員専用掲示板にしとけよ!って感じです。」

仰るとおりです。m(__)m

当該掲示板には、拙ブログのURL も記載しておりますので、是非理事の方はご一読頂きたいと思います。
間違った歴史を真実として伝えることは、「歴史ゆかりの地のまちづくり、活性化の推進を図り、歴史的景観の保全と文化の振興に寄与することを目的とする。」には、該当しないはずです。

先人が残してくれた歴史によって、京都の人間は少なからず恩恵を受けていますやん。そのまま次の世代に伝えましょうよ。捏造した歴史を宣伝する行為に加担するのはやめましょうよ。

/* 追記 02:15 */
もしヲイラが当該サイト、掲示板の管理人なら。

現状幾松については、9割ぐらい、寺田屋についても8割ぐらい(いずれも推測)の方が事実だと信じておられると思う。だから間違った情報を発信しても仕方無いと思う。
それに対しての質問が投稿されたのであれば、先ず事実関係を検証するだろうな。そこでもし疑わしい部分が見つかれば、投稿をある意味利用して、NPOの社員(会員)や市民をも巻き込んで検証作業を進めるだろうな。

進捗状況は逐一WEB で公開する。

それにより法人の活動を宣伝する事もできるし、歴史について真摯な団体であるとの印象を持ってもらえる可能性もある。要は投稿を生かすも殺すも、どうにでもできるわけだ。プラスの材料にする器を持っていれば、これほど美味しい投稿は無いと思うな。

それを一切のコメント無しに削除を続けるから、折角のチャンスをみすみす潰しているように思う。

コメント

コメントの投稿

  • 投稿前に必ずお読みください。「はじめに-コメント
  • スパムが激増しているためコメントは承認制にしております。
  • 承認までコメントは表示されません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoppa.blog2.fc2.com/tb.php/183-1a49409e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。