AX

よっぱ、酔っぱ。ただの酒飲みでよっぱなヲイラの戯言です。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO 法人京都龍馬会No7

Category : NPO 法人京都龍馬会

寺田屋とは業務提携されていたんだ…。
京都龍馬倶楽部の御案内

(名称)

京都龍馬倶楽部とは、特定非営利活動法人京都龍馬会が主催するイベント活動の名称です。

(特典)

京都龍馬倶楽部員証を提示すると京都龍馬倶楽部協賛施設及び協賛店での優待、割引等を受けることができます。(霊山護国神社、霊山歴史館、寺田屋、京都市内有名商店街他)



そら…。

幾松とは「NPO京都龍馬会枚方支部長 武山峯久氏」がガイドを務めるイベントの後に、何度か利用されているようだし。

そら…。

そら……。

そら………。

そら…………。

はぁ…。

コメント

心中

ソソラソラソラ兎のダンス
タラッタラッタラッタ
ラッタラッタラッタラ
脚で蹴り蹴り
ピョッコピョッコ踊る
耳に鉢巻ラッタラッタラッタラ

野口雨情作詞

  • 2005/12/05(月) 16:26:28 |
  • URL |
  • naka #upkHALyQ
  • [ 編集 ]

NPO?

幾松~龍馬会、やっとこココまで読み進むことが出来ました。
BBS、歴史教育?、パレード、協賛店斡旋、地域振興協会!
なんか色々あるんですねえ。

  • 2005/12/07(水) 09:13:02 |
  • URL |
  • doc #SFo5/nok
  • [ 編集 ]

doc さん

はじめまして。

NPO=特定非営利活動法人
って事で「非営利なんだからお金儲けしたらあかんのでしょ?」って言われる方も多いです。
でも実際は利益の分配を禁じているだけで、収益事業は何ら問題無いです。当然事業による所得には法人所得税がかかるわけで…。
でもって龍馬会さんの事業も何ら問題無いんですが、ただ結果的に1営利企業の捏造した歴史を宣伝している事に「ちゃうんちゃうの?」と思っているんですわ。しかも京都の団体で、幾松とは数100M の距離ですから、一般的に考えれば正しい情報だと信じてしまいますよね。

ってそんな話じゃなかったら、すんません。

  • 2005/12/07(水) 15:51:10 |
  • URL |
  • naka #upkHALyQ
  • [ 編集 ]

nakaさん

うちのが毎度お世話になっております。
NPOに関しては、一法人格として社会的道義的責任を持ち、歴史的及び学問的中立性を保つという事(理想論)を考えていました。社会的な信用度が高いのもこのためと思います。(本当は、利益分配をしないから、独立した公的立場をとれるということ自体が理想論なんですけれど。)
ざんねんながら、実際その中で活動の主体をされている方々が、観光事業を経済的基盤に持っておられる場合、もしくは、会の運営に関して経済的な基盤が観光事業を営まれている方々の協賛や賛助によって支えられている場合は、なかなか難しいのでしょうね。
...........やっぱり、JARO(社団法人日本広告審査機構)のお仕事なんでしょうか?

  • 2005/12/07(水) 17:32:09 |
  • URL |
  • doc #SFo5/nok
  • [ 編集 ]

遅レス

どもです。

> うちのが毎度お世話になっております。

いえこちらこそお世話になっております。m(__)m

> NPOに関しては、一法人格として社会的道義的責任を持ち、歴史的及び学問的中立性を保つという事(理想論)を考えていました。社会的な信用度が高いのもこのためと思います。

「社会的道義的責任」は仰るとおりだと思いますが、「歴史的及び学問的中立性」は少し微妙です。何をもって中立とするのかによって、判断が難しいように思います。

例え主だった活動が中立でなくとも、それが社会的貢献や公益であるのなら、NPO としてはセーフなんでしょう。NPO 法って悪い言葉で言えば「ざる法」ですし、良い言葉で言えば「様々な可能性を持った法律」だと思います。

> (本当は、利益分配をしないから、独立した公的立場をとれるということ自体が理想論なんですけれど。)

そうですよね。利益を最優先にしない事が制度として認められていますし、京都市でも今後NPO への業務委託も大きな課題にされていますよね。そう考えれば閉鎖的な運営ってのは、やはりNPO として、ちょいと違うような気がします。

> ざんねんながら、実際その中で活動の主体をされている方々が、観光事業を経済的基盤に持っておられる場合、もしくは、会の運営に関して経済的な基盤が観光事業を営まれている方々の協賛や賛助によって支えられている場合は、なかなか難しいのでしょうね。

実質は難しいでしょうが、その為に法人の理念を曲げる事があるのなら、まさしく本末転倒でしょう。「NPO支援税制」(認定NPO法人制度)ってのもあって、一定の要件を満たし認定されれば、寄附者が税の控除を受けられる事により寄付をより多く募る事もできますし、収益事業による法人税を軽減する事もできます。「ざる法」「様々な可能性を持った法律」なんで、なんやかんやとあるんですわ。

> ...........やっぱり、JARO(社団法人日本広告審査機構)のお仕事なんでしょうか?

今はどうなのか知りませんが、10年ぐらい前に直接電話して訊いたことあります。「どんな対応されるんですか?」「やめてくださいって口頭でお願いします」「それだけですか?」「はい」終了…ですた。

今は変わっているのでしょうか?

  • 2005/12/08(木) 23:27:19 |
  • URL |
  • naka #upkHALyQ
  • [ 編集 ]

JARO

JAROの今の様子では、
依頼主が審査請求をする。
広告主に「やめてくださいと口頭で言う。」
依頼主に「(広告主は).........というお話でした。」と報告。

依頼主、広告主が納得できなければ、再審査請求をする。
JARO業務委員会で調査、
依頼主、広告主、自主規制団体(上部団体、、監督官庁)へ意見書提出。

依頼主、広告主が納得できなければ、再々審査請求をする。
JARO審査委員会で審査、
依頼主、広告主、自主規制団体(上部団体、、監督官庁)へ裁定、裁定書提出。
..............................
もっともこの課程で行政指導が行われることが多いようです。
まあ、実際に被害にあった方達が、声を上げ始めると監督官庁や上部団体は、動くようです。普通は誰かがアジるのが発端でしょうが。

実績としては、茶碗蒸しのふたに7ひきのえびの写真が印刷してあるのに、中には一匹しか入っていないというのも取り上げ、訂正させるくらいですから........

  • 2005/12/09(金) 10:05:15 |
  • URL |
  • doc #SFo5/nok
  • [ 編集 ]

JAROに訊いてみた。

非科学的、あるいは科学的に実証できないものは、JARO は取り扱えないそうです。
幾松の件で言えば、寓居等の場所が確定し、誰が見ても納得できる検証内容でなければ駄目って事。仮に「火星」に寓居があったと主張するとこがあったとしても、100% 否定できなければ取扱できないらしいです。

JARO ってなんじゃろ?

  • 2005/12/15(木) 14:32:47 |
  • URL |
  • naka #upkHALyQ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

  • 投稿前に必ずお読みください。「はじめに-コメント
  • スパムが激増しているためコメントは承認制にしております。
  • 承認までコメントは表示されません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoppa.blog2.fc2.com/tb.php/185-d2631ec8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。