AX

よっぱ、酔っぱ。ただの酒飲みでよっぱなヲイラの戯言です。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幾松 (いくまつ IKUMATSU)No17

Category : 幾松 (いくまつ IKUMATSU)

こちらのコメント

幾松が暮らしていた場所も9割方確定しているのですが、後1割を裏付ける資料が見つかりません。


って書いた事の補足。

【ここから続き】

現在判明しているのは、幾松が暮らした住居は木屋町二条~三条間で3件あったって事。それが同時期に3件所有していたのか、順次転居したのかは、わからない。
っで3件とも住所は判明しているし、ほぼ確実な裏づけもできている。
ここまでが9割方にあたる部分。

住所までわかっているのなら、10割ちゃうの?って当然の意見もあるんだが、ところが住所の記載方法が現在とは全く異なっている。具体的にはまだ書けないけど、例えば「一番北の電柱から南に4件目で通りから東に2件入った家」みたいな記載方法なんで、一番北の電柱がどれなのか?って部分が判明していない。

この場合電柱の数、は同じって条件。電柱の場所は、多少移動していたりはあるけれど、古い資料でほぼ判断できる状態。問題は「一番北」これがどの範囲での「一番北」なのか?って事なんです。
これが後1割にあたる部分です。

っで、考えられる3種類ぐらいの「一番北」を想定して「4件目で通りから東に2件入った家」ってのを、それぞれ考えてみても現在の幾松とは全く違う場所です。現在の幾松が仮に「4件目で通りから東に2件入った家」に該当するとすれば、電柱を3本ぐらい増減しないと無理。

幾松さん「幾松が暮らした住居は木屋町二条~三条間で3件あった」って事すら知らないもんね…。明治23年創業なら、少なくても昭和32年以前の写真が何枚かあるはずだし、あれだけ宣伝しているのなら京都の所謂老舗(本物の)が、創業当時の写真を良く掲載されているように出して見ればどうかな?戦争中の写真すら無いと思うよ。

コメント

コメントの投稿

  • 投稿前に必ずお読みください。「はじめに-コメント
  • スパムが激増しているためコメントは承認制にしております。
  • 承認までコメントは表示されません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoppa.blog2.fc2.com/tb.php/189-309f5de4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。