AX

よっぱ、酔っぱ。ただの酒飲みでよっぱなヲイラの戯言です。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の料亭・幾松 桂小五郎寓居跡にも疑惑あり!

Category : 幾松 (いくまつ IKUMATSU)

週刊ポスト発売されました。大変突っ込んだ内容で素晴らしいです。


【ここから続き】

内容については是非御購読頂くとして、一部分だけ。

ポストからの質問に対して幾松の返答がこれ

週刊ポスト[2008年10月10日号]

一切返答する義務が無いと判断いたしました。(中略)心の故郷ともいえる京都という土地において文化を守り続けていきたいという当社の理念とご理解いただけましたら幸いで御座います

はぁ???????

確かにポストさんに返答する義務は無い。そんな事はわかってる。じゃぁ利用者が尋ねれば返答するのかね?対価支払った利用者になら説明責任はあるでしょ。

まぁ誰が見ても返答できない、あるいは返答すれば更に墓穴を掘るから逃げたって事なんでしょう。これまで発信してきた情報に自信があるならちゃんと説明すれば良いだけなんだし。

でもって「文化を守り続けていきたいという当社の理念」だと?いつから京都では歴史を捏造し人を騙す事が文化になったんだ。先人をリスペクトし佐久間象山・大村益次郎の遭難碑案内碑を建立した前地権者の白井凌三さんに、全責任を押し付け逃げようとする行為は京都の文化なのか。

もし真顔で文化だと言い張るなら京都の恥だわ、直ぐに出て行けよ。

まじでぶち切れそうになる返答だわ。それを静めてくれたのが維新を語る会大西会長のコメント。

週刊ポスト[2008年10月10日号]

歴史ロマンは大切にしたいですが、史実を捻じ曲げ、歴史を改ざんし、人を騙してまで求めるものではない。夢やロマンを与えるものがレプリカならそれでいい。しかしそれが20年、30年の年月を経れば本物になるのであれば問題だと思います

素晴らしい。ええコメントですわ。

少々残念だったのは表紙に見出しが掲載されていないこと。自動的に新聞広告や中吊りにも掲載されないから。ん~~~残念。

コメント

なるほどです。ヤフーからきました。足跡で失礼しました。

  • 2008/11/04(火) 17:24:41 |
  • URL |
  • sy #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

  • 投稿前に必ずお読みください。「はじめに-コメント
  • スパムが激増しているためコメントは承認制にしております。
  • 承認までコメントは表示されません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoppa.blog2.fc2.com/tb.php/540-8eabef33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。