AX

よっぱ、酔っぱ。ただの酒飲みでよっぱなヲイラの戯言です。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木戸松子の終焉地

Category : 幾松 (いくまつ IKUMATSU)

若手歴史研究家で今最も勢いのある中村武生先生のブログを読んで。


【ここから続き】

歴史と地理な日々(新版)

2008.11.17「幾松」の評価を再検討すべきと知る 11/16(日)

赤尾理事長も同席されて、2時間ほど、「幾松」で若女将や専務のお話をうかがった。多数の調査資料も拝見した。

結論を申し上げると、調査成果は妥当と判断した。すなわち、「幾松」は「観光偽装」とはいいがたいということである。

基本的な意見はかえるつもりはない。「桂小五郎幾松寓居跡」の可能性は低いといまも思っている。

が、見落としがあった。桂小五郎が木戸孝允になったのち、すなわち明治以後はどうかという意識が欠落していた。

開き直るつもりはない。これは恥ずかしいことだと思う。

維新後、「桂小五郎幾松」が「木戸孝允と松子夫妻」になったのちの居住地だった可能性がきわめて高いと思えた。

木戸孝允が二条土手町の住居で亡くなったことは有名である。それに目をうばわれて、その他の住居のある可能性を想定しなかった。

孝允の没後、木戸松子のついのすみか、すなわち終焉地がここである可能性は高い。

その根拠は、ちかい将来、どういう形になるかわからないが、必ず公表したいと思う。若女将が資料提供を約束してくれている。

くどいが、幕末に桂小五郎と幾松の住居だったことは今でも否定的である。だからよく紹介される、ここの長持ちに桂小五郎が入り、幾松の機転で近藤勇の追捕から免れたというエピソードは信じていない。

が、それを「観光偽装」というのはあたらないだろう。

維新後の木戸孝允の住居であったなら、「誤解」の範囲として許されていいはずだ。

もちろん今後の案内の仕方には、改めるべきところがあるとは思うが。

若女将と専務にこれまでの失礼を謝し、実証的な「幾松」の顕彰にご協力することを申し上げて辞去した。反省点も多いが、すがすがしい気持ちがつよかった。

仮に木戸松子の終焉の地であったとしても、それ以外の長持であるとか、抜け穴、吊り天井、川端龍子の肖像画、創業年等々、事実では無い情報によって商売しているんだから、それは観光偽装でしか無い。誤解の範囲とするには無理がある。

いずれもそれまでそこに存在しなかったものを、さも当時からあるかのように伝えているんだから、これは誤解とは呼べないでしょ。

それこそ産地偽装のうなぎ100匹の中に1匹まともなうなぎがいれば、残り99匹は産地偽装では無く誤解・勘違いで許されるってのなら別だけど、そうじゃ無いでしょ。例え一日でもそこで暮らしていた事を証明できれば、それ以外の観光偽装を誤解とできるのなら便利だよな。

碑に関しても、何時・誰が建立したのかも定かでは無く、少なくとも旅館幾松が現在地を購入するまではそこに存在しなかったものが、ある日突然現れたんだから。もし幾松経営者が幾松終焉の地であるとして建立したなら、建立者・建立年度を刻んでるはずだと思うし、それに「桂小五郎幾松寓居跡」って碑文も適切では無い。地元の当時を知る人の中では、木戸邸付近から拾ってきたって話もあるから、所有者の許可を得ず持ち帰ったのなら占有離脱物横領・窃盗だったのかもしれない。

木屋町通りに複数の住居(同時であるか転居を繰り返したかは不明)を持っていたのは、維新を語る会の調査ではっきりしている事だし、幾松の死亡を伝える新聞記事でも記載されているんだから。木戸邸以外の住居を想定していなかったって発言はちょいと信じられ無いな…。

住居の場所もある程度は判明しているけど、断定できる史料・資料がみつかっていないってのは、拙ブログでもこれまで何度も書いている。地元住民の証言でほぼ明らかになりかけているけど、証言だけで断定するのは危険だから公表していないだけ。同時にその住居の現所有者が幾松みたいに尾ひれをつけて営利目的に利用される可能性も高いから。

もちろん現幾松が寓居では無かったと100% 証明できる史料も見つかっていないから、その可能性を全て否定しようとは思わない。

中村先生ともあろう方が、早々にこんな記事を書かれるってのはどうかと思う。京都龍馬会枚方支部長の武ちゃびんこと「武山峯久」氏と幾松の密接な関係は明らかだったんだし、京都龍馬会の掲示板騒動も拙ブログで残している。中村先生に限ってはそんな事は無いと信じているが、これでは幾松から鼻薬かがされたと疑われてしまうのじゃないか?

今見ると何故か削除されてしまっているが、「2005.11.06京都維新史蹟のありようを論じる」というエントリーで下記のように書かれている。(グーグルキャッシュのキャプチャー画像

歴史と地理な日々(新版)

2005.11.06京都維新史蹟のありようを論じる

店内では、新選組が踏み込み、幾松が桂小五郎を逃がした「話」を、見てきたかのように展開しておられます。

商いのために、事実ではない物語を創出し、観光客に誤解を与える行為です。

こわいのはその「話」が「事実」となり、次の「事実」を生むこと。

~中略~

「登録有形文化財」になったことで、上記の由緒は、文化庁によって「認定」された形になりました。

こうして「話」は、同旅館で、今後も自信をもって再生産されてゆくのです。

寺田屋もそうですが、京都の研究者などはその事実を知りながら、営業妨害といわれるのをおそれて黙視してきました。

そろそろ黙視をやめるべきではないか、実害が出てきていると理解すべきではないか、と思います。

この記事を始めて目にしたとき「幾松 (いくまつ IKUMATSU)No14」で「事実確認をするって当たり前の事をされている方なら、「幾松」の歴史に疑問を持って当然の事。何でもかんでも鵜呑みにして責任を負わず営利だけの為に歴史を歪めている方達ばかりの中で、やっと当たり前の事を当たり前って主張されている方に出会えました。」と書いた。

著名人と接触し捏造した歴史を広めてきた幾松なんだから、若手歴史研究家で今最も勢いのある中村先生に接触したのも不思議では無い。ましてや京都龍馬会経由で簡単に繋がるんだから。それほどまでにポストの記事に打撃をうけているんだろうと推測はできる。

だが事実では無い物語を創出し観光客に誤解を与えている行為については黙視をやめ実害が出てきていると理解すべきとの中村先生の考えは変ってしまったのだろうか?創出した物語を誤解で済ませてしまって良いのだろうか?

調査の結果、書かれているように「木戸松子の終焉地」と証明されるなら、それはそれで良い。しかしそれと偽装・捏造は全く別問題。そこを曖昧にすれば「幾松旅館は、「史蹟」はつくられるものだということを示す典型例と位置づけています。」として京都史蹟講座のコースにあえて幾松を入れてこられた中村先生が、史蹟をつくる側になってしまう恐れさえある。

調査については期待しているが、もう少し慎重になられるほうが良いと思う。

ポストに掲載された維新を語る会大西会長のコメントを再掲する。

「歴史ロマンは大切にしたいですが、史実を捻じ曲げ、歴史を改ざんし、人を騙してまで求めるものではない。夢やロマンを与えるものがレプリカならそれでいい。しかしそれが20年、30年の年月を経れば本物になるのであれば問題だと思います」

コメント

どうも大変ご無沙汰いたしております。以前にも書き込んだことのある松裕堂です。


中村氏のブログについて、当方も以前一つ気がついた記事(2005年12月4日付 坂本龍馬研究の「いま」を伝える)があり、その気がついて点を角がたたぬようトラックバックで御指摘したことがあるんですが、そのTB、該当記事の部分とともに、速攻で削除された経験があります(笑)。

ゆえにそれ以来、気後れのため中村氏のブログには足を運んでおりませんでしたが、nakaさんのこの記事を拝読し、一寸読ませて頂きました。

nakaさんが仰るように「誤解の範囲とするには無理がある」という点に同感です。

この幾松の例が「「誤解」の範囲として許されていいはず」というのであれば、寺田屋の件にしろ、他の史跡にしろ、さらには記念碑の位置(史跡の比定地として建てられた石碑類など)だって何だって、大抵のことが"誤解の範囲"ですまされるような気がします。

"ありもしない話しを仮にデッチ上げたとしても、何らかの所縁さえあれば、それは誤解の範囲"と言うのであれば(当方僻目で、そう仰っているように読めました)、史跡の比定作業などまるで殆ど徒労かと脱力します。

偽装と誤解の線引きが不明。

  • 2008/11/18(火) 09:22:10 |
  • URL |
  • 松裕堂 #6eUroIng
  • [ 編集 ]

nakaさん、こんばんは
おそらく突っ込んでいるだろうなと思って見に来ました。

>調査成果は妥当と判断した。すなわち、「幾松」は「観光偽装」とはいいがたいということである。
維新前までについては自説をまげないが、維新後については検討してなかったためとことわってはいますが、中村先生の結論はおかしいいですね。「幾松」は維新前までの事柄で観光偽装してきたわけですから。ま、提供される調査資料をもとに検討を加え何か公表したいと言っていますので、それも待ちたいとは思います。

松裕堂さん、はじめまして
同じ経験をもつ寸心です。小生の場合はコメントが削除され、それ以後、氏のブログはコメントが書けないように設定され現在に至っています。

  • 2008/11/25(火) 23:10:11 |
  • URL |
  • 寸心 #-
  • [ 編集 ]

松裕堂 さん
お久しぶりです。

> そのTB、該当記事の部分とともに、速攻で削除された経験があります(笑)。

双方の該当記事を拝見しました。

> nakaさんが仰るように「誤解の範囲とするには無理がある」という点に同感です。

ありがとうございます。

> 偽装と誤解の線引きが不明。

正に仰るとおり。
最終的には故意であったか過失であったかって事なんでしょうが、当事者の証言だけで判断されるのは、少し危険な気がします。これまで様々なメディアで取り上げられてきた内容、それがメディアが勝手に書いたものだとしても、幾松の女将、若女将・専務が直接話している記事も多数あります。
それを読み客観的に判断すべきでしょうし、少なくとも検証すべきだと感じます。

----------------------------------------

寸心さん
先日は色々とありがとうございました。

> おそらく突っ込んでいるだろうなと思って見に来ました。

期待を裏切らないヲイラです。(w

> 「幾松」は維新前までの事柄で観光偽装してきたわけですから。ま、提供される調査資料をもとに検討を加え何か公表したいと言っていますので、それも待ちたいとは思います。

今しがた続編をアップしたのですが、幾松の調査資料とは週間ポストの記事以降のもののようです。この時点で「では、今までは何だったの?」と感じてしまいます。

> 同じ経験をもつ寸心です。小生の場合はコメントが削除され、それ以後、氏のブログはコメントが書けないように設定され現在に至っています。

忙殺を言い訳にレスできない場合も多々ありますが、コメント欄を開いている以上は悪質なスパム、挑発や誹謗中傷・公序良俗に反するコメントで無ければ削除するってのはどうかと思います。
その後 TB、コメントを受け付けないよう変更したのであっても、それ以前のものについては反論があるなら堂々と反論すれば良いだけですし。

ふと京都龍馬会の掲示板騒動を思い出しました。

  • 2008/11/25(火) 23:58:25 |
  • URL |
  • naka #upkHALyQ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

  • 投稿前に必ずお読みください。「はじめに-コメント
  • スパムが激増しているためコメントは承認制にしております。
  • 承認までコメントは表示されません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoppa.blog2.fc2.com/tb.php/549-73bcb5aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。