AX

よっぱ、酔っぱ。ただの酒飲みでよっぱなヲイラの戯言です。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂小五郎 「ゆかりの宿」偽装疑惑にしどろもどろ

Category : 幾松 (いくまつ IKUMATSU)

8月10日発売の週刊ポスト08月21・28日号。


【ここから続き】

週刊ポスト08月21・28日号

週刊ポスト

タイトルの記事が掲載されるみたい。内容がわかれば追記しまふ。


2009/08/10(月) 16:52 追記

8月1日に仏教大学四条センターで幾松専務の講演があったみたい。

ぐぐってみるとこれ。(魚拓

仏教大学四条センター

老舗に学ぶ京の衣食住

この講座は、「一寸変わった京都学」とも言えますし、「本物の京都学」とも言えます。受講生の皆さんに第一次資料(プライマリソース)から直接京都について学んでいただくものです。京都の老舗に関わる方に、お店の歴史やその製品、品物についてお話をしていただきます。製品、品物の実物や写真も見せていただきます。京の衣食住を老舗から直接学んでいただければと思います。

テーマ
鴨川に育てられて…
講師
久保 明彦(株式会社 幾松 専務取締役、京都鴨川納涼床協同組合理事長)
内容
株式会社 幾松 京都市中京区木屋町通御池上る上樵木町497
開講日
2009年8月1日(土)
時間
15:30~17:00

そこでの講演内容で幾松の歴史に関する部分(以前観光偽装と指摘された部分等)になると、「しどろもどろ」だったって内容。記事内では発言要旨?も掲載されているんだけど、それは購読してくんさい。

ひとつだけ触れておくと「桂小五郎から木戸孝允に名前を変えた明治4年に、ウチの場所に家を借りたらしいです。」って専務の発言。これは槇村に充てた書簡を基にしてるんだと思うけど、ならば現在の幾松が5番路地と断定できるのかね?

現在幾松では木戸孝允没後、松子夫人が薙髪し翠香院と号してここで暮らしたとWEB SITE でも紹介しているし、先のコメントにあった動画でも解説している。

松子夫人が翠香院と号し暮らしたのは13番路地。これは維新を語る会さんが鑑定された西島家への書簡で住所が明らかになっている。5番と13番、どう考えても違う場所だろ。余談だが「翠香院」という号を実際に使い出したのが何時頃からなんて事は、幾松は知らないだろうな。木戸孝允没後も暫らくは木戸松子を名乗っていたんだから。

中村先生の「孝允の没後、木戸松子のついのすみか、すなわち終焉地がここである可能性は高い。」って発言とも矛盾してくる。

槇村への書簡に書かれた5番路地、西島家への書簡に書かれている13番路地、この違いや忠太郎さんの事を一体どう説明するんだろ。

もっと言えば、幾松の場所に路地があったかすら疑問でしか無い。

ヲイラが考えている路地の定義とは、表通りに面していない家への通路で行き止まりのもの。(通り抜けできるものは図子。)当該地で言えば木屋町通りから鴨川までに異なる家が存在している事が前提で、そこへの通路を路地と称す。

幾松の場所は「吉富」という旅宿・貸席屋があった場所。仮に路地のような細い通路があったとしても、奥に「吉富」と異なる家が存在し、「吉富」と異なる方が住んでいなければ、あるいは住んでいたので無ければ、それは単に通路でしか無い。もし異なる家が存在したのなら、どうやって抜け穴から鴨川に逃げるんだ?他人の家の下に抜け穴が作ってあったとでも言うのか?

三本木での話、5番路地・13番路地、終焉地である18番地、全て現在の幾松とは異なる場所。異なる場所の歴史を無理やり一緒にすれば、そら辻褄が合わなくなるよな。(18番地についてはヲイラの仮説を書いた。5番・13番もほぼ特定できるほどに絞り込んでるけど、まだ書かない。)

継ぎ接ぎだらけの歴史だから矛盾が生じて来る。矛盾を解消する最も確かな解釈は、幾松が発信する歴史が捏造されたものであり継ぎ接ぎだらけであるって事。もしどこかの歴史研究家がその矛盾だらけの歴史を擁護するのであれば、ちゃんと矛盾を解消してから擁護して欲しいと感じる。

コメント

はじめまして。
別の記事なのですが、検索をかけたらヒットして、興味深かったのでこちらから失礼します。

セレマの件なのですが、株式会社さくら相互と株式会社さくらはべつものですか?
婚約者が数ヶ月前からセレマに勤務しているのですが、保険証の雇用主が株式会社さくらになっています。
お給料についてもおかしなことがあります。

不躾で申し訳ありません。
調べたのですがよくわからなくて、会社に問い合わせたくてもできません。
ご存知のことがありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

  • 2009/08/11(火) 07:23:39 |
  • URL |
  • 高橋 #o/PXu/q6
  • [ 編集 ]

エントリーと全く関係の無い内容なんで、ここら辺りにでも移動してくださいな。
http://yoppa.blog2.fc2.com/blog-entry-199.html

  • 2009/08/11(火) 19:32:40 |
  • URL |
  • naka #upkHALyQ
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

  • 投稿前に必ずお読みください。「はじめに-コメント
  • スパムが激増しているためコメントは承認制にしております。
  • 承認までコメントは表示されません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoppa.blog2.fc2.com/tb.php/576-5bc3c261
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。