AX

よっぱ、酔っぱ。ただの酒飲みでよっぱなヲイラの戯言です。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幾松 (いくまつ IKUMATSU)No7

Category : 幾松 (いくまつ IKUMATSU)

昭和32年以前*1の地権者*2であった「ファッションスクール」の方とお話をする機会があった。

*1 正確には33~34年頃らしい。ってのも幾松の創業者が京都(違う場所)に来られたのが昭和32年。それから現在地を購入、登記手続等があり手続き完了時期は異なる為。)

*2 2005/12/06 訂正します。地権者は別の方で「ファッションスクール」は店子です。

一番印象に残ったのは、
「住んでいた頃と同じだったのは、いくつかの襖の金具だけです。それ以外は全てはじめて見るものばかりでした。」
って話。

【ここから続き】

「ファッションスクール」の方、仮に「Aさん」としておきましょうか。
数年前「Aさん」は、知り合いとの飲食で旅館幾松を利用されたそうです。
「Aさん」ではなく、知り合いの方が予約されたとの事。
旅館幾松さんでは、お客さんを「幾松の間」に案内し色々な話を説明するサービスがあるそうです。その日も「Aさん」は知り合いの方と一緒に「幾松の間」に案内され、さも事実であるかのような話を聞かされていたそうです。

創業180年であるとか、
昭和32年が明治23年だとか、
幾松が暮らしていた部屋を"そのまま"保存しているとか、
吊り天井や抜け道の話とか、
各界の名士32名の寄せ書きが天井に残る小松宮殿下が愛した茶室だとか…。

昭和32年までそこで暮らしていた「Aさん」にしてみれば、
「???????」
「ここはどこ?私は誰???」
状態だったようです。

そらそうでしょ。考えてみてください。
自分が暮らしていた家、時間と全く違う内容の話が事実として、自分に伝えられているんですから。

突然
「以前火星でお会いして以来ですね。いやぁ~お久しぶりです。お元気でしたか?土星で暮らしておられるご両親はお元気ですか?」
なんて真顔で話されているのと、なんら変わりませんよね?(w
しかも、マスコミ、大手旅行代理店等が一緒になって、事実として情報を流しているんですし、周りにいる方はその話を感動して聞いているんですから。

一通り話を聞き終わった「Aさん」、その話をしていたお店の方にこう告げたそうです。

「あの…。私昭和32年までここで暮らしていた「ファッションスクール」の「A」です。」



幾松さん
「…。」



「……。」



「………。」



長い沈黙。



「……………。」



「……………………。」




暫らく重い空気が流れたそうです。



っで幾松さん、無言で笑みを返したとか…。

^^;



まっそこで何らかの反論すれば事実で無い事が、他の方にも知れてしまいますし、下手に弁明する事もできませんよね。
何事も無かったかのように、ひたすら微笑む。

^^; ^^; ^^; ^^; ^^; ^^; 



これでもか!ってぐらいに微笑む。


^^; ^^; ^^; ^^; ^^; ^^;
^^; ^^; ^^; ^^; ^^; ^^;
^^; ^^; ^^; ^^; ^^; ^^;
^^; ^^; ^^; ^^; ^^; ^^;
^^; ^^; ^^; ^^; ^^; ^^;
^^; ^^; ^^; ^^; ^^; ^^;
^^; ^^; ^^; ^^; ^^; ^^;
^^; ^^; ^^; ^^; ^^; ^^;
^^; ^^; ^^; ^^; ^^; ^^;
^^; ^^; ^^; ^^; ^^; ^^;




賢明な対応だったと思います。

その後、現在に至るまで「Aさんが」
「???????」
「ここはどこ?私は誰???」
と感じられた話は、日々繰り返し説明され続けているようです。

> 「Aさん」
いっそ火星に移住しますか?(w

コメント

これだけ

事実がそろっているのなら
本にしてだしてしまえば?! とおもうのは
素人のあさはかさですかね?

  • 2005/06/10(金) 13:15:45 |
  • URL |
  • swampie #oslzmmPo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

  • 投稿前に必ずお読みください。「はじめに-コメント
  • スパムが激増しているためコメントは承認制にしております。
  • 承認までコメントは表示されません。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoppa.blog2.fc2.com/tb.php/92-0e6cfea9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。